Home News Opinion DataBase VentureNow 300 Event
Home - 企画特集 - 起業チャレンジ2011 - アゲハインタビューー(前編)

起業チャレンジ2011

ただのプランで終わるか。起業して未来を変えるか。

2000年の創業以来、数多くの新規事業の企画や立ち上げを支援してきたスカイライトコンサルティングが、ビジネスプランコンテスト「起業チャレンジ2011」を開催します。入賞者には、最高300万円の起業資金を提供。

これまで受賞した人たちへのインタビュー


株式会社アゲハ

みんなで創るバッグブランド「Orihime」:http://www.e-orihime.com/


羽化したアゲハ 〜 研究活動から起業への道のり

「起業チャレンジ2008」の最優秀賞受賞を経て起業したアゲハの受賞者3人のうち、木下さんと田中さんにインタビューを行いました。インタビュアーはVentureNowの竹内社長です。「起業チャレンジ」主宰のスカイライトコンサルティングの小川も少し会話に入っています。

【前編】



竹内

今日はよろしくお願いします。お二人はまだ大学院生ですよね。

田中

はい。近々二人とも卒業します。

竹内

アゲハは、ビジネスプランコンテストなどで、いろんな賞をとってらっしゃいますよね。一番最初に受賞したコンテストは何ですか?

木下

創業前の2007年なんですけど、SFC(慶應大学 湘南藤沢キャンパス)のOpen Research Forumっていうので。研究発表会のようなものなんですが、その中でビジネスプランコンテストがあって、「The Best Business Process Award」をもらいました。(参考:慶大SFC Open Research Forum 2007が開幕、新たな産学連携の道探る

竹内

木下さんは元々、起業志向があったんですか。

木下

そういうわけではなかったと思います。

竹内

コンテストに応募したのは?

木下

経営情報学で、ITを使った新しい経営の動向の研究に没頭していた中で、それを机上の論だけじゃなくて、なんとか世の中に対して活かしていけるような、提案できるような活動がしたいなと思っていて、その方法についてずっと悩んでいたんですけど、ある時、研究の延長線上でビジネスプランを思いついて、それを実践しながら、何か提案できたらいいなあと思っていたんです。

竹内

じゃっ別に独立することにこだわっていたわけじゃなくて?

木下

元々、起業しようと思っていたわけじゃないです。 当時、(SFCで)ビジネスプランを作る研究会があって、そこでは(田中さんも)一緒だったんですけど、その中で、半年間ブラッシュアップして、最終プレゼンで発表したら、教授に「これいけるよ。誰かやらないの?」って言われたのがきっかけですね。 どうしようかなと思って、他のコンテストにも出したら、さらに他の先生方にも「ぜひ実現してみたら」って言われたのが、真剣に起業を考えるきっかけになりました。

竹内

すごいですね。アゲハについていらっしゃる顧問の方々はそうそうたる先生ばっかりですよね。

木下

そうですね。もともとSFCには「学問の知を現場に活かそう」というカルチャーがありますし、先生方もとても応援して下さいます。

竹内

そういう先生方が出資してってことではないんですよね。協力してあげるよって感じですか。

木下

そうですね。はい。

竹内

田中さんは起業に興味があったんですか。

田中

私も同じような感じですね。当時、私も大学院に進むことを決めていて。でも、そのとき木下とルームメートで、「起業しようかと思うんだけど」って言っていたので、これは手伝わないと!って思って、「じゃっ一緒にやろうか」と。研究会も一緒で、志向や研究内容が似ていたので。

木下

大学一年から、ほぼやっていることは共有してきていると思います。

竹内

住むところも一緒で。

木下

そうですね、1、2年は別々だったんですけど、どっちかの家にいることが多かったんで、3年から一緒に住んで。

竹内

じゃあ、木下さんが考えたビジネスモデルを、二人でブラッシュアップしていくって感じですか。

木下

アイデアの段階から、もう話はしてたり、、

田中

そうですね。似たようなことを同じように考えていたりして。

竹内

それでスタートして。

田中

そうですね。

竹内

「起業チャレンジ」は法人化する前でしたよね。その前にKBCビジネスコンテストで受賞していたんですよね。

木下

そうですね。その時、受賞したお金で、「起業チャレンジ」の最終審査のときには(PCケースの)サンプルを作っていけて、それで大きな賞(起業チャレンジ最優秀賞)をもらうことができて。

竹内

大きな賞(笑)

木下

いやいや、本当に私にとっては大きな賞でした。

竹内

「起業チャレンジ」がきっかけとなって、会社も設立してっていう感じだったんですね。

木下

そうですね。2月の第一週に卒論を書き終えて、田中に、「(起業チャレンジに向けて)そろそろ動き出そうと思うんだけど」って電話したのが、会社を作るファーストステップです。 それまでは論文で忙しくて、アイデアはあっても、実際に職人さん探したりっていうのは後になっていたので、スカイライトさんの審査とともに創業準備を進めたっていうのがあって、、、

小川

その年は、「起業チャレンジ」を開催した最初の年で、12月のクリスマスがプラン応募の締め切りで、最終プレゼンが3月だったんですね。

木下

大学にたまたま課題を出しに行ったかなんかで、廊下にスカイライトさんの「起業チャレンジ」のポスターが貼ってあって、それ見て、締め切りが明日までだけど、クリスマスだけど、応募しなくちゃ!って思って(笑)

竹内

具体的なアクションの一歩につながったんですね。

田中

それまでに応募したのはビジネスコンテストっていう気持ちだったんですけど、「起業チャレンジ」を受けるときは、「実際ビジネスを始める準備をしなくちゃ」っていう気持ちで受けたので、審査のためでもあったけど、本当に起業するために準備を進めるという意味では、ブラッシュアップミーティングがきっかけというか、推進力のエンジンになったんだと思っています。 そのとき初めて、ビジネスって、こうやって生産体制も整えて、Webも作ってってやらなきゃいけないんだなって、ちょっとだけ分かった。

木下

大学の中では、ビジネスプランを作るっていう時点で、すごく具体的なことをしているつもりだったんですけど、やっぱりそれをどうやって回していくかっていうことを考えるのは、全然違うなという感覚がありました。

竹内

ブラッシュアップミーティングはどんな感じでした?

木下

すごい真剣勝負でした。創業準備をすごいスピードで進めたんですよ。4月の1日に会社を設立したんですけど、2月の第二週から創業準備を始めて、そこから職人さんを見つけて、商品のサンプルを作って、販路を開拓して、Webを作って、4月の9日は、商品とWebをリリースしたんで、2ヶ月間で全部やったっていう、もう一回はできないですけど(笑)そのスピードを出すためのエンジンになっていたと思います。スカイライトさんの次のミーティングまでに、これを解決しなきゃいけない!とか。

竹内

いろいろ宿題出されながら(笑)?

木下

もうコストが発生しちゃってて。Webを作ったりとか、商品を作ったりだとかあったんで、もし(賞金が)取れなかったらどうしようってのがすごいあったんで。なので、さっきも言ったんですが、大きな賞だったんです。取れなかったら立ちあがらないかも、みたいな。

竹内

もしダメだったらどうしようって考えていました?

木下

はい。

田中

他のビジコンに応募しようとか。

木下

最初の方に受賞をいくつか連続しているのは、もし起業チャレンジ落ちたらどうしようっていうのがあって。

田中

そのせいで、最初の半年くらいはビジコンラッシュで。

木下

でも起業チャレンジで賞金が取れなかったら、稼ぎながらやらなくちゃいけなくて、相当きつかったと思います。

竹内

たしかにそうですよね。「起業チャレンジ」は300万円でしたよね。300万て大きい金額なんですけど、事業やっていく上では、すぐになくなってしまうと思うんですけど。使い道は考えていました? 資金繰りとか。

木下

そうですね、資金繰りの計画を作る上でも、ブラッシュアップミーティングの中でご指導を頂きながら作りました。まぁ、計画通りに進まないことも多くて、絶えざる修正が必要でしたけど(苦笑)。

田中

とにかく、なるべく経費をおさえる形で使っていましたね。やっぱり物を作らなきゃいけないので。

竹内

最初に商品ができたのは?

田中

4月の第一週には、1店舗分とWeb分の商品は作っていました。4月9日には発売開始予定だったので。工場の人たちが「木下さんがこう(無理を)言ってるんだけどっ!」とか言われて。(苦笑)

竹内

そういう馬力がないとだめなんですね。職人から探したんですよね?

木下

最初、Yahoo電話帳とかタウンページとか、ネットから探そうと思って。でも、まったく見つからなかったんです。

竹内

知り合いから辿るとかではなくて?

田中

結局そうなったんですけど。最初は、やっと番号見つけて電話しても「学生で、まだ会社作ってないんですけど」って始めると、「結局何したいの?」って具体的なことを聞かれて、話が通じなくて(苦笑)

木下

今もお世話になっている職人の方も、最初にお会いしたときは、すっごいびっくりしていました。「あれっ、あなたたちなの?」って感じで(笑)

    1ヶ月あまりの期間の中、ブラッシュアップミーティングでビジネスプランを整理しながら、PCケースのサンプルを作り、販路を開拓していくという猛烈な勢いで起業に向かったアゲハ。次回は最終選考の様子とアゲハの今後のお話を伺います。

木下 優子(キノシタ ユウコ)

株式会社アゲハ 代表取締役。慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、同大学大学 院の政策・メディア研究科への進学と同時に「株式会社アゲハ」を設立。現在、同大大学院政策・メディア研究科修士課程 2年在学中。実践と研究を通じて、ユーザーとメーカーを繋ぐ新たな商品企画プラットフォームを構築すべく、産学連携活動に奮闘している。

bloghttp://ameblo.jp/yuu-orihime/


田中 里美(タナカ サトミ)

株式会社アゲハ 取締役。慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、同大学大学院の政策・メディア研究科への進学と同時に「株式会社アゲハ」を設立。ファッション産業における商品政策についての研究経験を活かし、同社で、戦略立案からマーケティング、デザインまで幅広い業務を担当。

bloghttp://ameblo.jp/minonaru/

  • テーマ

    インターネットやモバイルなどのITの活用により、社会的な問題の解決や新しいライフスタイルの提案など、社会にインパクトを与える事業を創出する可能性のあるビジネスアイデア。

  • 応募資格

    ・2名以上6人以下のグループであること

    ・代表者の年齢が30歳未満(2011/1/1時点)であること

  • 応募期限

    9月1日(水)〜9月30日(木)
    ※応募方法についてはコチラをご覧下さい

  • 起業資金

    審査において優秀と認められたプランを提出した応募チームに対しては、1年以内の会社の設立を条件として、上限300万の起業資金を授与します。

 

Venture Now. に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
| サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 | 会社案内 |
Copyright 2009 Venture Now . All rights reserved.No reproduction or republication without written permission.