Home News Opinion DataBase VentureNow 300 Event
Home - 企画特集 - 起業チャレンジ2011 - エニドアインタビューー(後編)

起業チャレンジ2011

ただのプランで終わるか。起業して未来を変えるか。

2000年の創業以来、数多くの新規事業の企画や立ち上げを支援してきたスカイライトコンサルティングが、ビジネスプランコンテスト「起業チャレンジ2011」を開催します。入賞者には、最高300万円の起業資金を提供。

これまで受賞した人たちへのインタビュー


株式会社エニドア

ソーシャル翻訳「コニャック」:http://www.conyac.cc/


ソーシャル翻訳Conyacのアイデアの誕生から起業チャレンジへの応募へ

「起業チャレンジ2009」の最優秀賞受賞を経て起業したエニドアの2人にインタビューを行いました。インタビュアーはVentureNowの竹内社長。「起業チャレンジ」主宰のスカイライトコンサルティングの小川も少し会話に入っています。

【後編】

    紆余曲折ありながらも、起業しようと「起業チャレンジ」に応募したエニドアの二人。審査を通過した後、ブラッシュアップミーティングに進みます。
竹内

実際に、ブラッシュアップミーティングまで行って、いろいろ意見とか言われて役に立った感じでしたか。

山田

かなりきつかったね。

菊池

いやあ、きつかったですね。

竹内

きついっていうのは?

山田

(起業チャレンジ主宰の)小川さんのプレッシャーに。

竹内

「これはどうなの?」とか?

菊池

「こういう風に見せなきゃ」とか、、、

山田

「あーそうなんやー俺ら全然知らんなー」とか。

菊池

やっぱり具体的なお金のこととか。自分たちにとっては既に魅力的(なプラン)なんだけど、、、

山田

それしか考えられてなくて、こんなにいいのになんでなんだろうとか。

菊池

実際作りこんでいく作業は、「これダメなんじゃないか」って、毎回ちょっと思いました。

山田

毎回「ダメなんじゃないか」って思って、考えて考えて、すっげー話し合って、次の週のブラッシュアップミーティングには自信を回復して「これならいける!」って持って行って、また叩かれて、「これじゃーダメ」って言われて、「あー」ってなって、っていうのを1ヶ月繰り返していたら、結構良くなったよね?

菊池

資料としては結構良くなりましたね。当時よく言われていたのが、「ここで決めておかないと後でブレるよ」ってことで。そのことを言われたのが大きかったですね。

山田

その軸は今でも全然ブレてないから、あれがなかったら今はブレブレで、どこに向かっていっていいか分からなかったと思う。

小川

ブレそうなタイミングも今まで何回かあったしね。

山田

そうですね。ブレていきそうになるんですけど、最終的には同じところに戻ってくるっていうのが分かったのが、あのときでしたね。

竹内

物事に対する取り組み方も教わったという感じなんですね。実際、応募した時の事業計画と、ブラッシュアップミーティングを終えた時の事業計画と全然違うものだったですか。

菊池

そうですね。肉づけが全然違う感じですね。

山田

コンセプト自体は一緒なんですけど、それをサイドから固めていくって感じですね。

菊池

私が(応募前に)いろいろな人に話していたときは、そういうところが無かったんで、聞いている人は全然分かんなかったんだと思います。「なんで、すごくいい顔して話してるんだ?」って(笑)

竹内

どや顔なんだ(笑)今から思えば、そういうことだったんじゃないかと。でも、そこに唯一、真っ先に乗っかったのは山田さんだったと。

菊池

ある意味計画性が薄かったから、乗っかれたんだと。

山田

おい、そういうこと言うなよ(笑)自分もおんなじような経験してたんで、ニーズを感じてて、2人ニーズがあるってことは、100人以上、ニーズあると思ったんで。これはいけると思って。

竹内

先が見えてたんでしょうね。肉づけされた時の状態が。このコンセプトは伸びると。

菊池

でも、唯一だったんで、乗ってくれた人が。みんなにダメだって言われながら、唯一、彼しか味方がいなかった(苦笑)

竹内

で、1ヶ月半のブラッシュアップミーティングを経て、最終選考でプレゼンテーションするんでしたっけ。

小川

最終選考の時は、僕は審査員からは外れるので。(スカイライトコンサルティングの)役員が審査員で、僕は審査する部屋には入りますけど、アドバイザー的な立場ですね。僕は決定権持たないことにしているので。

竹内

じゃっ、TVでやっている歌のオーディションみたいな感じ?

山田

そうですね。久々に手に汗にぎったね。

菊池

きつかった。楽しかったですけどね。自分のもので、自分が作ったものなので、ある意味自分の分身みたいなプランを審査されるっていうのが、結構きつかった。


    そして、最終選考を通過し、300万円の起業資金を得て、エニドアを創業します。
小川

立ち上がってから1年間はずっときつかったよね。

山田

きつかったですね。ずっとバイトして。

竹内

結局、そんな甘いもんじゃないと。

山田

甘いもんじゃないし、実際、プロモーションとか、サービスを動かしていくお金で300万円はぎりぎりだったんで、自分たちの食っていく金は自分たちで稼がないと、実際サービスが稼ぎ出すまでは無理だなっていうのはありましたね。その中でも、その(最終選考会の)プレゼン終わった後も、最近は月1回ですけど、昨年までは、週1回とか、2週に1回とか、小川さんからアドバイスいただいていたんで、それがすごいですね。それが無かったら、結構、ブレブレでしたね。

竹内

途中であきらめてた?

山田

そうですね。会社起こす時も、ノウハウも一切ないんで、そこを手伝っていただいたりだとか。

竹内

でも、技術ができる人と、ビジネスを知っている人が、上手く組み合わさっているわけだよね。

山田

最近つくづく思うんですけど、この前、オープンネットワークラボに行って、海外の投資家の人が「会社起こす時に一番重要なのはCo-Founderを探せ」「それも自分とは違うタイプの」って言ってて、うちは間違っていなかったなあって思いましたね。

菊池

二人とも計画性ないけどね(笑)

山田

いままでは友達として接していたけど、最近はビジネスパートナーとして見れるようになってきましたね。

竹内

お互いの適性が見えてきた?

菊池

最初はベンチャーなんで、目の前にあること全部やらなきゃいけないんで、やれることやってくって感じだったんですけど。そのうち、自然に役割が分かれてきたんですよね。

山田

そういう意味でも二人でやっているのは大きいね。

菊池

外のことやりながら開発って私は多分、集中できないですね。

山田

今後、人が増えても、開発のことは彼が指示してくれると思うし、その他に関しては私が指示できると思うんで。ねっ。

竹内

じゃっ今はいい方向にどんどん進んでいるっていう感じで。

山田

そうですね。

菊池

そういう風に言ってもらっていいと思います(笑)

竹内

まあ、そういう中で初めて自分の適性が見えたりするんで、結局聞いてたら、起業とかに一番向いてたのかもしれないですね。

菊池

尚貴さん(山田さん)はアジアのジャングルの奥地行っても生きれそうな感じなんですよね。だから、何とかなる気はするんですよね。僕はもうちょっとひ弱だと思うんですよ。

山田

おい、なんで、しかもそこだけ「僕」って言ったん(笑)

菊池

同情を、、、(笑)

竹内

二人ともいい具合に向いていたのかもしれないですね。

小川

組み合わせも大きいですね。

竹内

いい感じでマッチングして。あとはこれからですね。

小川

昨年も結構大変だったのに、ブレないですからね。偉いなあと思います。

竹内

ブレない、その軸っていうのはどういうことですか?

山田

「サービス的にシンプルで、個人が使って使いやすいようなサービスを提供する」っていうそれだけを思ってやってると、別のところに進もうとしても、あっそれ違うなっていうすぐ分かるんで。

竹内

なるほどね。Googleが検索エンジンに特化したっていうイメージですね。

山田

そうですね。何かに特化してるっていうのは強いと思うんで。

竹内

それは、明文化してるんですか? それとも二人の間で?

山田

二人の間で。

菊池

でも今、当時の資料を見ると面白い。

山田

面白い。なんかねえ、こんなん書いてるーとか。

菊池

あんまり変わってないなあとか。

山田

変わってないこと多いよね。

竹内

結局そうだよね、やっぱり。

小川

標語としては書いてないけど、骨格としてはあの頃の資料に書いてあるよね。きれいな言葉にはまとまってないかもしれないけれど。

竹内

また次の資金調達を考えてますか。

山田

考えてますね。日本じゃなくて、次は海外の投資家に入れてもらえるなら入れてもらいたい。国内はなんとか、小川さんや他の人からアドバイスをいただけるけど、海外でのプロモーションのアドバイスをもらえる人もほしいなと。向こうに人的ネットワークもあって、プラス、投資もしてくれる人に入れていただきたいなって思っていて。

竹内

なるほどね。ちなみにエニドアのサービスって、海外に類似サービスってないんですか。

山田

それがないんですね。

菊池

いわゆる翻訳のマッチングサイトはあるんですけど、エニドアみたいなモデルはないですね。

竹内

じゃあ、面白がられるかもわかんないね。

菊池

そうですね、翻訳者にとっては、他の人と見比べることができるっていうメリットが強いって気がしますね。あと(依頼者にとっては)値段的にも安いっていうのが。

小川

結構ほかのサービスが出てきている割には、ユニークなポジションは維持しているよね。

山田

そうですね。

菊池

他が真似するレベルになってないのかもしれないけれど、今のところ似たようなものはないですね。

竹内

なかなか真似しようと思っても、できないでしょうね。面倒くさそうだし、その割には儲かりそうにない。

小川

マイナス要因やリスクが多いんですよ。考えだすと、いーっぱい出てくるんですよ。

竹内

彼らのような感覚じゃないと。

小川

彼らは性善説で全部バシッと切っちゃうので、だから出来るんだと思うんです。 出来ない理由は死ぬほどあって、でも「やっちゃったら結構受け入れられるんじゃん」って。

山田

そうですね。

竹内

そういうの、なにかと多いですよね。そのへんが性格と合ってたのかもしれないですね。

小川

でもサービス作って、受け入れられて、応援してくれる人も出てきて、これから盛り上がっていけば、もっと考えていかないといけないことも出てくるでしょうね。

竹内

そうですね。

菊池

(まずは)考えなきゃいけないところまで持っていきたいっていうところですね。

竹内

じゃあ、あれですね。エニドアが「経営とは?」って言われたら「楽観視」。

山田

「経営とは先を考えない」。でもそれを誰かがそのまま真似したら、結局ダメっていう(笑)

    といいながらも、Conyacはシンプルかつインパクトのあるサービスとして、着々とユーザ数を伸ばし、業界内での注目度もあがってきています。「先を考えない」と嘯きながら、常に、まっすぐ前をみて走り続けているエニドア。

    2010年3月には、翻訳大手のWIP Japanとの提携やサムライインキュベートに対する第三者割当増資を行い、8月には定額制プランを発表。香港のスタートアップのイベントに8月に参加し、翌月の9月にはアメリカのTechCrunchのイベントに参加予定など、絶え間なく精力的に活動を続けています。

    日本発のグローバルサービスの実現に向けて、今後の更なる活躍を期待してます!


菊池 智博(キクチ トモヒロ)

株式会社エニドア 代表取締役。米国ロチェスター工科大学大学院卒。2006年、NTTPCコミュニケーションズに入社。2009年2月 9日、株式会社エニドアを設立。


山田 尚貴(ヤマダ ナオキ)

株式会社エニドア 代表取締役。米国カリフォルニア州立大学ロングビーチ校卒。 2006年、NTTPCコミュニケーションズに入社。2009年2月9日、株式会社エニドアを設立。。

  • テーマ

    インターネットやモバイルなどのITの活用により、社会的な問題の解決や新しいライフスタイルの提案など、社会にインパクトを与える事業を創出する可能性のあるビジネスアイデア。

  • 応募資格

    ・2名以上6人以下のグループであること

    ・代表者の年齢が30歳未満(2011/1/1時点)であること

  • 応募期限

    9月1日(水)〜9月30日(木)
    ※応募方法についてはコチラをご覧下さい

  • 起業資金

    審査において優秀と認められたプランを提出した応募チームに対しては、1年以内の会社の設立を条件として、上限300万の起業資金を授与します。

 

Venture Now. に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
| サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 | 会社案内 |
Copyright 2009 Venture Now . All rights reserved.No reproduction or republication without written permission.