Home News Opinion DataBase VentureNow 300 Event
Home - 企画特集 - 起業チャレンジ2011 - エニドアインタビューー(前編)

起業チャレンジ2011

ただのプランで終わるか。起業して未来を変えるか。

2000年の創業以来、数多くの新規事業の企画や立ち上げを支援してきたスカイライトコンサルティングが、ビジネスプランコンテスト「起業チャレンジ2011」を開催します。入賞者には、最高300万円の起業資金を提供。

これまで受賞した人たちへのインタビュー


株式会社エニドア

ソーシャル翻訳「コニャック」:http://www.conyac.cc/


ソーシャル翻訳Conyacのアイデアの誕生から起業チャレンジへの応募へ

「起業チャレンジ2009」の最優秀賞受賞を経て起業したエニドアの2人にインタビューを行いました。インタビュアーはVentureNowの竹内社長。「起業チャレンジ」主宰のスカイライトコンサルティングの小川も少し会話に入っています。

【前編】



竹内

まず、二人の出会いを。仕事場でですか?

山田

そうですね。前職で同期入社で、二人とも海外卒というのもあって、よく話しをしていました。

竹内

出会った当時から、自分たちで起業したいなっていうのがあったんですか?

菊池

私は一切なかったですね。

竹内

じゃあエンジニアになろうと思って、コンピュータ関連の会社に?

菊池

そうですね。

竹内

それってWebのエンジニア?

菊池

Webじゃなかったですね。そのころはC(言語)とか書いていたので。ホームページも作ったことなかったし。会社辞めてから、職業訓練校に行って、初めてWebを触ったって感じですね。

山田

よかったね。会社辞めて(笑)

菊池

すごいよかったですよ。会社辞めて職業訓練校に行きました、結構いいってみんなに言ってるんですけど。タダなのに、普通の専門学校の授業受けれるんで。

竹内

なるほどね。山田さんは?

山田

僕は元々、大学がコンピュータと全く関係なくて、ビジネス専攻でした。周りに起業家とか、大企業の社長とかがいたので、元々起業ってことに対して違和感はなかったんですけど、やっぱりやりたいなっていうのはあって。

竹内

じゃあ、そこに入学したのも、自分でやりたいっていう思いがあったの?

山田

うーん、最初はビジネスを学びたいっていうのがあったので、起業に限らず。ビジネスに強い学校に入りましたね。大学では、日本の企業がクローズアップされる機会が多かったんで、日本人として日本の企業に入らないと、と思って、“The 日本”といえるような会社に入って、2年半働いて、辞めた感じですね。

菊池

私が先に辞めて山田が少し後に辞めたんだったよね。


    山田さんは入社当時から「3年で辞める」と決めていて、それを実行。菊池さんは大きな会社でエンジニアを続けていくことに疑問を持って、一人で何かWebのサービスを作ろうと思って会社を辞めることに。
菊池

とりあえず作るのは作れるんですけど、発表しようというところまでのモチベーションが続かないんですよね。やっぱ自分ひとりだと、誰にも迷惑がかからないかわりに、ふやふやした状態なので。何かに目標を一つ決めてやりたいなって思って見つけたのが起業チャレンジ主催の「起業セミナー」だったんです。4回、全部出て。(編注:「起業チャレンジ2009」では、各業界の起業家をお呼びした「起業セミナー」を開催していました)

竹内

影響受けて、自分でも何かチャレンジしていきたいなあって感じですか?

菊池

そうですね。それと、「起業チャレンジ」が20代限定で、年齢的にぎりぎりだったんで、これか!って思って。次の3ヶ月くらい頑張るにはいいかなと。ブラッシュアップミーティングをやるとか出てましたし。

竹内

さて、「起業チャレンジ」なんですけど、なんでやろうと思われたんですか?

山田

そこまで行けたらいいよねって最初言ってたんだよね。

菊池

そう、そこまで行けたら、最終的に落ちても、何か形になるんじゃないかと思って、応募したんです。

竹内

その時点でエニドアのアイデアはあったんですか。

山田

居酒屋アイデア!

菊池

そう、居酒屋の一休ってあるんですよ。当時ふたりとも金がなくて、発見したのが、、、

山田

一休。そこでよくアイデアについて話しあってて。

菊池

前の会社の時、「(英語が)できないできない」ってみんなには言ってるのに、海外大卒ってことで、とりあえず、「(英語で)メール書いてよ」とか、「ここ(日本語に)訳して、要点まとめてよ」とか言われるんですけど、、、

山田

なんか忙しい時に限ってそういうこと言われるんですよね。「簡単でしょ?」って言われるけど、いや「時間ないわ」みたいな。

菊池

英語できる人なんて世の中にいっぱいいるんだから、誰かやってくれないかなっていうのが、そもそものベースです。

山田

居酒屋行って、(菊池さんから)その話しを聞いて。それまでずっと、そのアイデアをみんなに認められてなかったらしくて。

菊池

そうなんですよ。よく「アイデアはみんなに話せ」って言うじゃないですか。あれ実践して、みんなに話していたんですけど。ものすごく評判悪いんですよ。こりゃダメだと。

竹内

どうやって儲けんねんと。

菊池

大分へこんでたんですけど。

山田

ちょうどその時に飲む機会があって、話を聞いたら「これ、絶対行ける!」って思って。これしかない!とか思って。

菊池

それで、これで行こう!ってなって。

竹内

面白いですね。

山田

乗りに乗ったねー。

竹内

で、盛り上がって、飲みまくった?

山田

飲みまくっても2600円とかなんですよ(笑)

菊池

あそこいいですよ。近くにもあるんです。

竹内

じゃあ、これで(起業チャレンジに)応募しようと。応募の手続き簡単なんですか。

菊池

送るだけなんですけど。一応、事業計画書って形で出さなきゃいけないんで、多分そこで面倒くさくなってやめる人いるんだろうなって。

竹内

そこでやめたら、起業する資格ない。

菊池

そうなんですよね。でも実際、事業計画書って多分みんな作り方が全然わからないと思うんですよ。私も当時、探したんですよ。とりあえずも書けないんですよ。そもそもスタートアップのそれって、どこにもなくて。

山田

資料とか何も無かったよね。

菊池

いわゆる大企業の新規事業の計画書とかはあるんですけど。書き方も分かんないんで、とりあえずだったですね、あの時は。

竹内

自分たちでこんなもんだろと。

菊池

自分たちで説明できればいいだろうと。

菊池

結構困ったのが、関係ないかもしれないですけど、賞金最大300万って書いてあるじゃないですか。だから、ビジネスプラン考えるのも300万かかんないように書いちゃうんですよね。そこが結構難しくて。今まで会社で作ってたやつって、人件費だけでも1ヶ月100万とかで見積もっていたんで、とてもじゃないけど無理になってくるんですよね。

山田

だから元々人件費とか入ってなかったよね。

菊池

そう、書けなくなっちゃって、意外と迷いました。

竹内

300万でどう事業を作っていくかっていう。

菊池

そこもしかしたらポイントじゃないのかもしれないんですけど。作ったことなかったんで、結構気になっちゃうんですよね。

    迷いながらも、「起業チャレンジ」にプランを提出した二人。見事、審査を通過してブラッシュアップミーティングに進むことになります。その後の話は、後編で。

菊池 智博(キクチ トモヒロ)

株式会社エニドア 代表取締役。米国ロチェスター工科大学大学院卒。2006年、NTTPCコミュニケーションズに入社。2009年2月 9日、株式会社エニドアを設立。


山田 尚貴(ヤマダ ナオキ)

株式会社エニドア 代表取締役。米国カリフォルニア州立大学ロングビーチ校卒。 2006年、NTTPCコミュニケーションズに入社。2009年2月9日、株式会社エニドアを設立。。

  • テーマ

    インターネットやモバイルなどのITの活用により、社会的な問題の解決や新しいライフスタイルの提案など、社会にインパクトを与える事業を創出する可能性のあるビジネスアイデア。

  • 応募資格

    ・2名以上6人以下のグループであること

    ・代表者の年齢が30歳未満(2011/1/1時点)であること

  • 応募期限

    9月1日(水)〜9月30日(木)
    ※応募方法についてはコチラをご覧下さい

  • 起業資金

    審査において優秀と認められたプランを提出した応募チームに対しては、1年以内の会社の設立を条件として、上限300万の起業資金を授与します。

 

Venture Now. に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
| サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 | 会社案内 |
Copyright 2009 Venture Now . All rights reserved.No reproduction or republication without written permission.