Home - Press Release : オレガ ストレージ仮想化ソフト「VVAULT 2.0」を発表
オレガ ストレージ仮想化ソフト「VVAULT 2.0」を発表
発表日:September 09 , 2011  | 企業名:株式会社オレガ
このエントリーをはてなブックマークに追加
[PR]

  ― VVAULTライブ・テクノロジーで冗長化に対応 ―


 システム開発の株式会社オレガ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三好修、以下オレガ)は、Windows上で複数のストレージを統合して仮想ドライブを構築するストレージ仮想化ソフトウェア「VVAULT」(呼称:ブイボルト)の機能を大幅に強化した「VVAULT 2.0」を開発し、本日より製品Webサイト(http://vvault.jp/)でダウンロード提供を開始いたしました。

 「VVAULT 2.0」は、中堅・中小企業のニーズに合致する、安価で高い運用性を持つエントリー市場向けストレージ仮想化ソフトウェア「VVAULT」の最新版で、お客様からご要望の多かったサーバやストレージ装置の障害に対応するデータ冗長化機能を大幅に強化した製品です。オレガでは「VVAULT 2.0」のリリースにあたり、仮想ドライブサービスを稼働させた状態でデータバックアップ、データリストア、データマイグレーション(各機能詳細は後述)などを実現する新技術「VVAULTライブ・テクノロジー」を開発し、先般本技術に関する特許を出願いたしました。

 また、「VVAULT 2.0」に適用される新ライセンス体系「VVAULT License 2.0」では、フリーダウンロード版の「VVAULT Basic」、個人向け無償版の「VVAULT Personal」、法人向け有償版の「VVAULT Professional」に加えて、「VVAULT Personal」にバックアップ/リカバリ機能と有償サポートを付加した個人向けの「VVAULT Personal Plus」(月額525円)、及び「VVAULT Professional」をOEM用に一部機能制限した法人向けの「VVAULT Professional OEM」(オープン価格)を新規にラインナップいたします。なお、「VVAULT Professional OEM」については、販売パートナー各社からのご提供となります。

 オレガでは今後、大規模システムへの対応やブロックレベルの仮想化、スマートフォンやクラウドサービスへの接続対応などについて開発を進めるとともに、パートナー各社と協力して2011年度中に30,000ライセンスの提供を計画しています。

 今回の「VVAULT 2.0」発表にあたり、パートナー各社より以下の推薦文を頂戴しています。(順不同)


株式会社アイ・オー・データ機器 執行役員 技術部 部長 平林 朗様
 株式会社アイ・オー・データ機器は、オレガ様のストレージ仮想化ソフトウェア「VVAULT 2.0」のリリースを心より歓迎いたします。冗長化機能がさらに強化された「VVAULT 2.0」と弊社 NAS が連携することにより、高い拡張性と柔軟性を兼ね備えたソリューションを安価にてご提供できると考えております。今後もオレガ様と協業をすすめ、お客様のご要望にお応えできる商品をいち早く市場に投入できるよう努めてまいります。


コアマイクロシステムズ株式会社 営業技術部 プロダクトマネージャー 五十嵐 章人様
 VVAULTがバックアップ機能を搭載することで、更なる市場テリトリーが広がり、販売の拡充に繋がって行くと感じております。これにより、弊社協業製品の期待感が強まり、ビジネスの成功の可能性が期待出来ると確信しております。今後とも最新の技術と市場ニーズを取り入れたVVAULT製品の成長を期待申し上げております。

日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員 サーバープラットフォームビジネス本部 本部長 梅田 成二様
 日本マイクロソフトは、この度の「VVAULT 2.0」の発表を歓迎いたします。「VVAULT 2.0」は、Windows Small Business Server 2011 EssentialsおよびWindows Home Server 2011に搭載された「管理ダッシュボード」にアドインとして組み込むことができるため、複数ストレージの効率的な管理をサーバーの管理ダッシュボード上から一元的に行うことができます。また、追加したストレージを既存のストレージと統合し最適化された状態ですぐに利用できるため、サーバーの運用管理における負担も軽減されます。「VVAULT 2.0」の登場により、中堅・中小企業におけるWindows Serverの利用がさらに促進されることを期待しております。

【VVAULTについて】
「VVAULT」は、Windows上で複数のストレージを統合して仮想ドライブを構築するストレージ仮想化ソフトウェアです。2011年3月の発表以来、6ヶ月間で既に13,000件を超えるダウンロードを記録しており、製品サポートサイト「カスタマーズ・スクエア」の登録ユーザ数も3,000を超えています。さらに詳しい情報は製品Webサイト(http://vvault.jp/)でご覧いただけます。

<VVAULTの特長>
・Windowsにマウント可能なストレージを全て仮想統合可能なユニファイド・ストレージ
・無料版に加え、有料版でも従来製品の1/40以下の圧倒的低コスト
・ダウンロードしてインストールするだけの簡単導入
・既存のファイルサーバやNASからオンラインでデータ移行可能

<VVAULT 2.0の主な新機能>
1.ライブバックアップ
仮想ドライブの状態を監視し、差分データを自動的にバックアップ用仮想ドライブに同期する機能です。リアルタイム同期または時間帯指定同期の選択が可能で、「VVAULT」のシステムデータについてもバックアップが行われます。

2.ライブリカバリ
仮想ドライブのディスク障害や接続障害を検知すると、バックアップ用仮想ドライブからオンラインで正常ストレージにデータを復元する機能です。ライブリカバリ中もファイルサービスは継続されるため、エンドユーザは障害の影響を受けません。

3.ストレージリカバリ
仮想ドライブを構成するストレージを切り離す際、当該ストレージに保存されていたデータを自動でバックアップ用仮想ドライブから残存ストレージに復元する機能です。これにより、オンライン且つ瞬時のストレージ切り離しが可能となります。

4.システムリカバリ
ライブバックアップでバックアップされた「VVAULT」のシステムデータを利用して、サーバのシステム障害時に「VVAULT」を完全復旧させる機能です。なお、システムリカバリ中のファイルサービスについては、設定により稼働/非稼働が選択可能です。


【株式会社オレガについて】
株式会社オレガは、オブジェクト指向技術に基づく全く新しいメッセージングソリューションを提供するために、2000年3月に設立されました。オレガは、B2Bコラボレーションを強力に推進するデジタルワークプレイス・ソフトウェアであるAlternaxや、放送局向け番組宣伝支援システムの番宣組、ストレージ仮想化ソフトウェアのVVAULTを開発・販売しています。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.orega.co.jp/でご覧いただけます。

■本件に関する報道関係お問い合わせ
株式会社オレガ 広報担当 小宮山
Tel.03-3267-0150/ Fax. 03-3267-0180
e-mail:info@orega.co.jp
URL:http://www.orega.co.jp/

VVAULT、Alternax及び番宣組は株式会社オレガの登録商標です。その他の企業名、製品名ならびにサービス名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

MORE STORIES
more...
この記事へのコメント
Venture Nowをメールで購読することができます。未上場ベンチャー企業の各種M&A、ファイナンス情報や新サービス・テクノロジーの発表などといった最新ニュースを2回/日配信しています
メールサービスのご案内・登録情報の変更・解除等は こちらをご覧ください
Home - Press Release : オレガ ストレージ仮想化ソフト「VVAULT 2.0」を発表
VentureNow に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。   
| サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 |
Copyright 2014 VentureNow . All rights reserved.No reproduction or republication without written permission.