Home - News : 小・中・高校生のネット事情、約3人に1人が家庭学習に利用
小・中・高校生のネット事情、約3人に1人が家庭学習に利用
July 02 , 2012 11:55 | Venture Now 編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
[PR]

 デジタル・ナレッジ運営のeラーニング戦略研究所によると、家庭でのPC・インターネットの利用は、小学生が7割以上、中・高校生が9割以上に上ることが分かった。

 そのおもな利用用途は「調べもの」「ゲーム」「動画共有サイトの視聴」など。学年が上がるにつれゲームの利用率は減り、「動画共有サイトの視聴」「音楽ダウンロード」「SNS・チャット」の利用率が急増している。

 また、小・中・高校生の約3人に1人が家庭学習に利用。一方、塾・予備校でPC・インターネット学習サービスを利用している割合は16.2%に留まり、その利活用が限定的であることが明らかとなった。

 各年代の保護者からは時間・場所を問わず学習できるなどメリットは認めつつも、「思考能力を高める学習方法の確立」や「有害サイト対策」などの面が今後の課題との声が多く寄せられた。

調査期間 :2012年6月19日〜6月20日
調査方法 :Webアンケート方式
調査対象 :全国の小・中・高校生の保護者(母親)計100名
性別内訳 :女性(100%)
子供の年代:小学3年生〜6年生(34%)、中学生(33%)、高校生(33%)

株式会社デジタル・ナレッジ
http://www.digital-knowledge.co.jp/

... PR ...
News Category リサーチ 
MORE STORIES
more...
この記事へのコメント
Venture Nowをメールで購読することができます。未上場ベンチャー企業の各種M&A、ファイナンス情報や新サービス・テクノロジーの発表などといった最新ニュースを2回/日配信しています
メールサービスのご案内・登録情報の変更・解除等は こちらをご覧ください
Home - News : 小・中・高校生のネット事情、約3人に1人が家庭学習に利用
VentureNow に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。   
| サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 |
Copyright 2014 VentureNow . All rights reserved.No reproduction or republication without written permission.