Home - News : クラウドソーシングサービスに大手人材会社が参入。「Job-Hub」を4月開始
クラウドソーシングサービスに大手人材会社が参入。「Job-Hub」を4月開始
March 15 , 2012 12:50 | Venture Now 編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
[PR]

 14日、IT系人材サービス大手のパソナテックがクラウドソーシングサービスへの参入を発表した。在宅勤務者や専門スキルをもつ個人事業主の就労機会の拡大を図り、新たなワークスタイルを通じた雇用の創造がおもな狙いだ。

 サービス名は「Job-Hub(ジョブハブ)」。4月下旬からのスタートを予定している。

 その特徴は、「それぞれの能力を生かしながら、架空のチームが作れる」(パソナグループ広報)Web完結型のコワーキングスタイルにある。

 インターネット環境があれば、時間や場所に囚われずにライフスタイルにあった働き方を選べるほか、Job-Hubに登録している世界中のコワーカーとチームを組んで案件を受託できるという。

 当初は、記事作成データ入力データ収集アンケートなど比較的簡単に案件を扱う「マイクロタイプ」から開始。その後は7月をめどに、Web制作/システム開発など適切な依頼先の確保が難しい業務に適した「エキスパートタイプ」の開始を予定している。

 案件によって異なるが、10〜20%程度の手数料をパソナテックが徴収。流通額については3年後に20-30億円、5年後に100億円程度を見込んでいる。

 すでに4月からのサービスインに向け、仕事を受託したい在宅ワーカーや個人事業主などのコワーカーの募集/登録受付を開始している。

 国内のクラウドソーシングサービスでは後発となるが、これまでに地方自治体と組むなどして、在宅ワークを推進してきた豊富な実績とノウハウから、「とくにハンデとは考えていない」(パソナグループ広報)としている。

 今後はパソナグループ以外の人材会社も同様の動きを強めてくるのか、その動向が気になるところだ。

Job-Hub
http://jobhub.jp

株式会社パソナテック
http://www.pasonatech.co.jp/

News Category 新サービス  サービス開始 
MORE STORIES
more...
この記事へのコメント
Venture Nowをメールで購読することができます。未上場ベンチャー企業の各種M&A、ファイナンス情報や新サービス・テクノロジーの発表などといった最新ニュースを2回/日配信しています
メールサービスのご案内・登録情報の変更・解除等は こちらをご覧ください
Home - News : クラウドソーシングサービスに大手人材会社が参入。「Job-Hub」を4月開始
VentureNow に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。   
| サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 |
Copyright 2014 VentureNow . All rights reserved.No reproduction or republication without written permission.