Home - News : 社内SNS「Talknote」の登録企業数1000社。メールに変わるツールとして人気
社内SNS「Talknote」の登録企業数1000社。メールに変わるツールとして人気
January 12 , 2012 17:23 | Venture Now 編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
[PR]
トークノート株式会社

 近年、メールに変わるコミュニケーションツールとして、ソーシャルメディアを活用する個人、企業が増えてきた。受けている理由のひとつとしてメールにはない利便性、手軽さがあげられる。

 欧州大手IT企業で、7万8,500人の従業員を抱える Atos社 CEO ThierryBreton氏は昨年12月に「今後18カ月以内に社内メールをゼロにする」という方針を発表したという。

 企業が社内コミュニケーションツールとしてソーシャルメディアを活用する流れは今後ますます加速するだろう。

 そんな中、国産の社内ソーシャルネットワークサービス「Talknote」の登録企業数がサービス開始から半年程度で1,000社を超えたと発表。昨年10月にKDDI社へのテスト導入を発表して以降、利用企業が急増した。

 Talknoteは、グループウェアよりシンプルでSNSのようなソーシャル性とメールの使い勝手、Twitterの手軽さを融合させたサービス。会社で所有しているドメインのメールアドレスを登録するだけで自動的に社内ソーシャルネットワークが生成されるのが特徴だ。同一ドメインのメールアドレスで登録したユーザーは自動的に同じソーシャルネットワーク内に登録されるため、管理者が社員を登録する面倒な手間を軽減してくれる。

 海外の類似サービスとしては、シリコンバレーのベンチャー「Yammer」やSalesforce社の「Chatter」などが有名だが、Talknoteの売りは「ITリテラシーが低いひとでも、誰でも簡単に利用できる分かりやすいインターフェース」(トークノート代表小池氏)。日本人ならではの社内コミュニケーションに配慮した機能、仕組みを考え、改良を重ねてきた。


 トークノートは2010年4月に設立。当初は、個人向けのマイクロソーシャルコミュニケーションサイト「Talknote」としてサービスを開始したが、クローズドなグループや個人間のコミュニケーションツールとして人気を博し、法人での利用が急増。法人向けTalknoteという位置づけでエンタープライズ版を開発し、昨年7月にサービスを統合した。

 ビジネスモデルはフリーミアム。ネットワーク管理機能を行う場合のみ、1ユーザー月額500円のプレミアム版にアップグレードを促す仕組みだ。

 「(Talknoteを通じて)情報流通の最適化をおこない、社内ソーシャルネットワークの普及、社内コミュニケーションの活性化を図っていきたい」(小池氏)

 当面の導入目標は1万社を掲げている。


Talknote
http://talknote.com/

トークノート株式会社
http://talknote.co.jp/

News Category 報告 
MORE STORIES
more...
この記事へのコメント
Venture Nowをメールで購読することができます。未上場ベンチャー企業の各種M&A、ファイナンス情報や新サービス・テクノロジーの発表などといった最新ニュースを2回/日配信しています
メールサービスのご案内・登録情報の変更・解除等は こちらをご覧ください
Home - News : 社内SNS「Talknote」の登録企業数1000社。メールに変わるツールとして人気
VentureNow に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。   
| サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 |
Copyright 2014 VentureNow . All rights reserved.No reproduction or republication without written permission.