Home - News : プラスプラス、PDFデータからiPad向けアプリデータを出力する「PDF1」開発
プラスプラス、PDFデータからiPad向けアプリデータを出力する「PDF1」開発
June 11 , 2010 19:58 | Venture Now 編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
[PR]
株式会社プラスプラス

 株式会社プラスプラス(本社:岩手県盛岡市、代表:中野 智三)は11日、PDFデータからiPad向け電子書籍アプリを自動生成するWebサービス「PDF1」を開発し、初期ユーザー向けにサービスを開始した。一般向けの本格稼動は7月からを予定している。

 同社では、2009年初から開発着手していたPC用の電子書籍向けファイル変換をベースに、数百ページにも及ぶPDFデータを解析し、iPad向けにコンバート/アプリデータを出力する独自システムを開発。まずは出版社や新聞社など数社を初期ユーザーとして選定し、利用してもらう。



 アプリデータ化したいファイルを「PDF1」にアップロードするだけで、各デバイスにあわせたフォーマットに変換。すべて自動で処理するため、PDFデータからアップルへの申請用アプリデータ作成まで数分から数十分で完了する。なお、発行先デバイスは任意に選択可能。

 これにより、制作料金・期間の圧縮といったユーザーメリットが生まれる。「今回の(アップルへの)承認用のものをサーバ上でおこなってしまうサービスは、調べた限りでは弊社だけだと思う」(同社代表 中野氏)

 また、iPad上での電子書籍インターフェイスも複数用意。Web上から好みのインターフェイスを選択でき、マルチタッチによるズームやページめくり、カバーフローなどにも対応している。インターフェイスは順次追加の予定。

 当初の対応データは、入力データがPDF、出力アプリ(データ)はiPadアプリとFlash。7月の本格稼動にあわせて、入力データはワード、エクセル、パワーポイント、JPEGに、出力アプリ(データ)はiPhoneアプリ、Androidアプリ、EPUBデータに対応する。

 アプリ作成料金は、基本料金5万円に1ページあたり1,000円の加算を予定。100ページのアプリを作成する場合は、15万円(税別)となる。また、その他に月額固定料金のサーバ設置型サービスも予定している。まずは出版社、新聞社などを対象に年内10社程度の利用を見込んでいる。



株式会社プラスプラス
http://www.plusplus.jp/

News Category モバイル  サービス開始 
MORE STORIES
more...
この記事へのコメント
Venture Nowをメールで購読することができます。未上場ベンチャー企業の各種M&A、ファイナンス情報や新サービス・テクノロジーの発表などといった最新ニュースを2回/日配信しています
メールサービスのご案内・登録情報の変更・解除等は こちらをご覧ください
Home - News : プラスプラス、PDFデータからiPad向けアプリデータを出力する「PDF1」開発
VentureNow に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。   
| サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 |
Copyright 2014 VentureNow . All rights reserved.No reproduction or republication without written permission.