Home - News : where2.0、サムライインキュベートのローカル広告事業のスピンオフで設立
where2.0、サムライインキュベートのローカル広告事業のスピンオフで設立
November 24 , 2009 19:23 | Venture Now 編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
[PR]
株式会社where2.0 ベンチャーサーチ

 株式会社where2.0(本社:東京都練馬区、代表:榊原健太郎)は20日、株式会社サムライインキュベート(本社:東京都練馬区、代表:榊原健太郎)のローカル広告事業をスピンオフする形で設立した。

 サムライインキュベートが2008年8月より提供している「Map engine optimizationサービス(以下MEO)」を引き継ぎ、主軸に据えて事業を進める。なおMEOは、インターネット検索で表示される地図上において、上位表示されるサービス。11月現在、約300カ所以上の店舗に導入している。

 設立時の資本金は500万円。株主はサムライインキュベート(100%)で、代表取締役は同社代表でもある榊原健太郎氏が兼任する。サムライインキュベートではインキュベート事業のほか以前より起業支援事業も手がけており、where2.0はその取り組みから生まれた新会社。「とりあえずは自分が代表を務め、時期がきたらメンバーと替わる予定」(榊原氏)

 サムライインキュベートにおいてwhere2.0事業を担当していた田口佳拓氏が新会社については発起人というポジションで、同じく同事業担当の池村光次氏の2名が社員。「もともと地元に貢献したいということを考えており。それと同時に、インターネットのローカル広告の可能性はまだまだ無限大と思っていたことから、1年ほど前より起業を考えていた」(田口氏)。where2.0では当面MEOのみで展開するが、今後は新サービスも随時開発していく予定。企業サイトについては、現在制作中。

株式会社サムライインキュベート
http://www.samurai-incubate.asia/

News Category 新会社設立 
MORE STORIES
more...
この記事へのコメント
Venture Nowをメールで購読することができます。未上場ベンチャー企業の各種M&A、ファイナンス情報や新サービス・テクノロジーの発表などといった最新ニュースを2回/日配信しています
メールサービスのご案内・登録情報の変更・解除等は こちらをご覧ください
Home - News : where2.0、サムライインキュベートのローカル広告事業のスピンオフで設立
VentureNow に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。   
| サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 |
Copyright 2014 VentureNow . All rights reserved.No reproduction or republication without written permission.