Home - News : ニイプロ、SLユーザー向けに情報発信支援SNS「eセカンドライフSNS」を公開
ニイプロ、SLユーザー向けに情報発信支援SNS「eセカンドライフSNS」を公開
September 25 , 2007 19:16 | Venture Now 編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
[PR]

 株式会社ニイプロ(本社:福岡県福岡市、代表:仁井雅雄)は9月25日、レゾナント・ソリューションズ株式会社(以下レゾナント、本社:大分県大分市、代表:首藤完治)と共同し、米国リンデンラボ社が提供する3D仮想空間サービス「Second Life(以下SL)」のユーザーを対象とした情報発信/コミュニケーション可能なSNS「eセカンドライフSNS」を一般公開した。初回申込みは500名に限定している。

 eセカンドライフSNSは、ニイプロが運営するSL関連の企業参入情報/施設情報のカテゴリ検索サイト「セカンドライフ・ワールドサーチ」やレゾナント運営の週間Webマガジン「eセカンドライフ」と連動したSNS。SNS構築にはOpenPNE2.4系からの派生した「うさぎ」を採用しており、2007年7月よりクローズドテストを行っていた。

 SNS会員は自らのSL体験をSNS内コミュニティに提供し、他のSNS会員が有益な情報と判断した場合にカウントアップ(1ユーザー:1カウント)されるしくみ。20カウント程度を目安にカウント獲得した記事は、週間Webマガジン「eセカンドライフ」や検索サイト「セカンドライフ・ワールドサーチ」に掲載後、リンデンドル(SL内仮想通貨)を受け取る。

 企画などはニイプロが担当し、SL内ユーザー募集やSNS運営はレゾナントがおこなう。リンデンドルによる支払い金額の設定は詳細未定だが、ニイプロ代表の仁井氏は「SLユーザー向けにおこずかい的なサービスを提供したかった」とコメント。また、目標会員数については、「良い情報の選別の大変さや良い情報をあげてくれる会員だけを確保したいという思いから、年末まで2,000名を上限に考えいる」(同氏)とした。

 SNS単体での収益は未定としているものの、SL参入支援企業としての付加価値向上、SLに特化したSNSマーケティングサービスといった差別化により今後の収益寄与を期待している。

 ニイプロは2004年10月1日に設立。2007年9月現在、資本金1,000万円、従業員数6名。決算期9月。携帯向けリアルタイム情報確認サービス「MoSiMo Do!」を核としたサイト運営企画・OEM供給のほか、SL参入支援事業などを手がける。「事業比率としては7(MoSiMo Do!):3(SL)程度」(仁井氏)。2006年9月期の売上高は1,000万円未満、2007年9月期売上高は2,700万円の見通し。


eセカンドライフSNS
http://slworldsearch.com/snse-sl/

eセカンドライフ
http://www.e-secondlife.net

セカンドライフ・ワールドサーチ
http://slworldsearch.com/

株式会社ニイプロ
http://niipro.jp

レゾナント・ソリューションズ株式会社
http://www.resonant-sol.jp

... PR ...
News Category サービス開始 
MORE STORIES
more...
この記事へのコメント
Venture Nowをメールで購読することができます。未上場ベンチャー企業の各種M&A、ファイナンス情報や新サービス・テクノロジーの発表などといった最新ニュースを2回/日配信しています
メールサービスのご案内・登録情報の変更・解除等は こちらをご覧ください
Home - News : ニイプロ、SLユーザー向けに情報発信支援SNS「eセカンドライフSNS」を公開
VentureNow に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。   
| サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 |
Copyright 2014 VentureNow . All rights reserved.No reproduction or republication without written permission.