Home - News : デジタルモーション、携帯画像を立体画像に変換する「携帯de立体」を開発
デジタルモーション、携帯画像を立体画像に変換する「携帯de立体」を開発
July 08 , 2005 17:00 | Venture Now 編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
[PR]

 立体映像システムの販売を主な事業として手掛けるデジタルモーション株式会社(本社:東京都新宿区、代表:本間丈裕)は、携帯で写した画像を立体画像に自動変換するサービス「携帯de立体」を開発。これは、立体情報を持たない既存の2D画像(映像)から、立体画像(映像)を作成する技術を応用したもの。画像変換は携帯以外でも可能となっている。

 携帯de立体の画像変換プログラムはサーバ上で動作する仕組み。携帯電話で撮影した画像をメールに添付し、指定アドレスに送信すると立体画像に変換され、添付メールで返信される。立体表示未対応の携帯では別途赤青メガネを使用するアナグリフ方式で立体画像に戻すこととなる。デジタルモーションでは、この赤青メガネを、100円ショップやコンビニ、ゲームセンター等に対し商品提案をし、ユーザーが様々な所で入手出来るよう検討している。

 デジタルモーション代表の本間丈裕氏は、今回の携帯de立体が携帯向けコンテンツベンダーへ与えるメリットについて「画像を利用しているあらゆるコンテンツベンダーで利用していただければと考えており、利用が広がる事で多くのユーザーに立体の楽しさを知っていただきたいと考えております。また、コンテンツベンダーには、今までになかったサービスという事でユーザに新しい提案ができ、大きなメリットがあると考えています」と話す。

 また立体表示対応端末については「今後発売が予定される裸眼立体用液晶に対応していく予定です。ハードメーカーも私どものサービスを活用する事でユーザーの利用価値が高まり、製品選択の材料になると思います。三洋電機、三菱電機、東芝、カシオ等がそれらの開発を進めています」(本間氏)とし、今後の立体表示対応端末の市場拡大を視野にいれた開発である考えを示した。

 携帯de立体の用途は、待受け画像サイト・アイドル写真サイトなどの携帯サイトコンテンツや、個人の携帯で行える催しイベントなど、主に携帯向けコンテンツベンダーに対し提案していく意向。また、携帯以外にも、雑誌やDVDの特典画像、デジタル写真集、プリクラ等の画像変換サービスの利用も検討している。

 現在、携帯de立体のデモが公開されており、携帯メールに画像を添付して、指定アドレスに送信することで、実際に変換された立体画像を確認できる(ドメインdigmo.tvを要許可、別途赤青メガネ必要)。このデモは7月29日まで提供される。

 携帯de立体のシステム利用料は、各サイト・パッケージ(200枚まで)・イベント(1日1万人以内)において10万円〜を予定。売上目標については、「様々な提供形態を想定しており、変換技術自体はすぐにでも海外のサイトでも利用できる」(本間氏)ことから、初年度売上5,000万円を目標としている。

デジタルモーション株式会社
http://www.digimo.co.jp

News Category モバイル   
MORE STORIES
more...
この記事へのコメント
Venture Nowをメールで購読することができます。未上場ベンチャー企業の各種M&A、ファイナンス情報や新サービス・テクノロジーの発表などといった最新ニュースを2回/日配信しています
メールサービスのご案内・登録情報の変更・解除等は こちらをご覧ください
Home - News : デジタルモーション、携帯画像を立体画像に変換する「携帯de立体」を開発
VentureNow に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。   
| サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 |
Copyright 2014 VentureNow . All rights reserved.No reproduction or republication without written permission.