Home - News : ブラッシュアップ、大卒未就職者のインターンシップ紹介サービスを開始
ブラッシュアップ、大卒未就職者のインターンシップ紹介サービスを開始
April 22 , 2003 19:29 | Venture Now 編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
[PR]

 第二新卒者のスカウティングサービスを行っているブラッシュアップ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表:秋庭洋)は、大卒未就職者インターンシップサービスを事業化すると発表した。これは、現在大卒者の30%以上におよぶという、就職先を決定せずに大学を卒業した「既卒未就職者」を、正社員ではなく体験入社(インターンシップ)として企業に紹介。1ヶ月間、実際の働きぶりを確認した上で社員として採用するか否かを決めるというシステム。インターンシップ希望者の募集からコーディネイトまでは一切無料で、実際に社員として採用した人数分のみ、紹介手数料を徴収するという仕組みになっている。

 ブラッシュアップ・ジャパンによると、「もともと、新卒就職後、3年以内に離職して転職活動を行う第二新卒者と、若手人材の採用を積極的に考えるベンチャー企業との橋渡し役になればと、2001年8月に会社を設立した。第二新卒者のスカウティングサービスを手掛けていたが、実際には就職先を決定せずに大学を卒業した既卒未就職者からも多数登録があった。しかし、第二新卒者の利用を積極的に考えている企業でも、全く社会人経験のない既卒未就職者の採用となると二の足を踏む場合が多い事から、今回、既卒未就職者の就職環境の抜本的改善を図るべく『既卒者インターンシップ採用サービス』を手がける事を決定した」という。

 「このシステムは、新卒大学生採用時における『優秀な人材の囲い込み』を主目的としたインターンシップではなく、『就業体験』と『仕事の出来る人材の見極め』という2つの観点から実施するもの。社会人経験のない既卒者は、履歴書に記載する職務経験がないが故に就職が困難であるという悪循環に陥り、フリーターにならざるを得ない人が多いのが実情だが、インターンシップを経験する事で体験企業への就職チャンスがあるばかりか、社員採用にならなくても『○○株式会社においてインターンシップ』という『職歴』ができ、その後の就職活動に大いにプラスになる。また企業側は、今まで明確な採用対象となりえなかった既卒者を採用リスクの小さいインターンシップという形態で雇用。約1ヶ月間の実際の仕事振りを確認した上で、戦力となる人材だけを確実に採用することが可能になる」としている。また、「売上げ面だけではなく、『若手人材の就職環境を改善することにより、日本を元気にしたい』という理念にダイレクトに結びつくビジネスモデルでもあり、少しでも失業率改善に役立てるものと考えている」とし、初年度100名程度の社員登用と5,000万円の売上げ増を目指すとしている。

 また今後の具体的な展開については、「特に業界に特化するわけではないが、基本的に人材の募集を随時行う大量採用企業や、入社前と入社後のイメージのギャップが大きい業種には効果的だと考えている。その他、既卒者の社会人としての基礎能力を身につけさせるという観点から考え、導入研修体制のしっかりとした企業などから引き合いがあれば…。」と述べ、対象企業を拡大するほか第二新卒者も対象とするとともに、関西および東海地域への拠点展開も視野に入れていく構えとした。


ブラッシュアップ・ジャパン株式会社
http://www.brushup-jp.com/

... PR ...
News Category 新サービス  サービス開始 
MORE STORIES
more...
この記事へのコメント
Venture Nowをメールで購読することができます。未上場ベンチャー企業の各種M&A、ファイナンス情報や新サービス・テクノロジーの発表などといった最新ニュースを2回/日配信しています
メールサービスのご案内・登録情報の変更・解除等は こちらをご覧ください
Home - News : ブラッシュアップ、大卒未就職者のインターンシップ紹介サービスを開始
VentureNow に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。   
| サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 |
Copyright 2014 VentureNow . All rights reserved.No reproduction or republication without written permission.