Home - News : マチダ、TVゲームソフトの余剰在庫販売を支援する「M-マッチングシステム」
マチダ、TVゲームソフトの余剰在庫販売を支援する「M-マッチングシステム」
April 16 , 2003 20:53 | Venture Now 編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
[PR]

 株式会社マチダ(本社:東京都台東区、代表:町田博)は4月15日、同社の運営しているインターネットBtoB販売システム「M-マッチングシステム」について、4月下旬より販売チャンネルを一般ユーザーまで広げ、インターネットBtoBtoCシステムとして展開する事を発表した。M-マッチングシステムは、TVゲーム業界における、店頭・流通・メーカーの余剰在庫の原価割れ処分による過大な損益に着目し、自社償却が困難な在庫を日本全国の販売店に案内できるという販売システム。全国の販売店が持っている余剰在庫を、各店の自由な価格と本数で登録した物の中から比較購入するという方法と、全国の優良問屋・メーカーの掲載商品情報から欲しい商品を探すという2つの仕組みで構成されている。

 余剰在庫の購入は、月・水・金の17時〜翌2時迄の期間のみ開催されているもので、実在庫をリアルタイムで確認しながら購入商品を選べるのが特徴。また掲載商品情報からの購入は、流通情報で本数の掲載がなく確実に帰るという保証はないものの、24時間いつでも注文ができ、販売店の掲載には出て来ない様々なパーツや特殊な輸入商品等を入手できる可能が高いとされている。

 取り扱い商品は、TVゲーム各種、トレーディングカード各種(箱売)、DVDソフト各種、パソコンソフト各種、その他。商品を検索すると、両方の形態で掲載されている商品を1ページでまとめて確認。ひとつの商品ついて、様々な価格・条件から希望に合うものを選ぶ事ができるようになっている。

 また、購入商品は各店からバラバラに送られるのではなく、マチダで一度まとめて入荷。検品、再梱包、発送されるという流れで、販売店・購入ユーザーのいずれもマチダとの取引・決済しか発生しないのも特徴のひとつとなっている。これにより、「代金を払ったのに商品が届かない」「商品を発送したのに代金が支払われない」といったトラブルを回避できるほか、まとめ買いをした場合でも1回分の送料負担で済むようになっている。更に、参加店・企業の共同出店のような形式なので、販売店の店頭にて表示されているPCから購入し、店頭で受取る事も可能。

 なお注文した商品は、新作や備考に指定が無い限り注文翌日から5日以内には発送可能な状態になり、完全在庫販売店とほとんど変わらないスピードで購入できるようにもなっている。その他、利用者の本人確認にはID・PASSを使ったログイン制を採用しており、支払いは代金引換か振込みから選択することができる。


M-マッチング(4月28日よりリニューアルオープン予定)
http://ww2.m-matching.jp/

株式会社マチダ
http://www.m-matching.jp

... PR ...
News Category サービス開始 
MORE STORIES
more...
この記事へのコメント
Venture Nowをメールで購読することができます。未上場ベンチャー企業の各種M&A、ファイナンス情報や新サービス・テクノロジーの発表などといった最新ニュースを2回/日配信しています
メールサービスのご案内・登録情報の変更・解除等は こちらをご覧ください
Home - News : マチダ、TVゲームソフトの余剰在庫販売を支援する「M-マッチングシステム」
VentureNow に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。   
| サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 |
Copyright 2014 VentureNow . All rights reserved.No reproduction or republication without written permission.