Home - News : FOMA認知度、未だ半数を超えず。従来機種との違いについても男女間で格差が
FOMA認知度、未だ半数を超えず。従来機種との違いについても男女間で格差が
January 09 , 2002 19:46 | Venture Now 編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
[PR]

 空間想造株式会社(本社:東京都文京区、代表:手塚靖臣)は1月7日、同社サイトにおいて、NTTドコモの提供する第3世代携帯電話FOMAについてのアンケート結果を発表した。このアンケートは、昨年10月3日〜30日の期間に実施されたもので、回答サンプル数は300。これによると、FOMAを「知らない」としたユーザーは約30%存在しており、「知っている」としたは約43%と半数に満たないという結果となっていた。

 しかしFOMAの機能や従来の携帯との違いについては、「知っている」ユーザーが35%、「知らない」ユーザーが31%、「よくわからない」としたユーザーが34%と分かれる中、FOMAのサービスが10月からスタートした事を知っているユーザーは55%存在している事などから、半数以上のユーザーが「新しい携帯がリリースされるようだ」というイメージは持っているもよう。

 また、このようなFOMAの認知度については、男性の57%が「知っている」と答えているのに対して女性は17.1%、その機能や従来機種との違いを「知っている」男性は46.2%、女性は14.3%と、男女間での差が大きかった。

 FOMAについての関心の高さは、約5割が「とても興味がある」「まぁ興味がある」としており、また「とても興味がある」という回答も男性の方が圧倒的に多い。

 そして肝心の機能については、「カメラ付きで写真の送受信」を意識しているユーザーが最も多く、次いで「PCカードでデータ伝送」と、多くのユーザーが使い方についての具体的なイメージを抱けずにいるという事がわかった。しかし、これらの事柄が上位にきている事から、写真の送受信に対する需要は、通信速度や容量に比べて高いという事がわかる。


空間想造株式会社
http://www.ku-so.co.jp

News Category 情報提供  モバイル 
MORE STORIES
more...
この記事へのコメント
Venture Nowをメールで購読することができます。未上場ベンチャー企業の各種M&A、ファイナンス情報や新サービス・テクノロジーの発表などといった最新ニュースを2回/日配信しています
メールサービスのご案内・登録情報の変更・解除等は こちらをご覧ください
Home - News : FOMA認知度、未だ半数を超えず。従来機種との違いについても男女間で格差が
VentureNow に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。   
| サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 |
Copyright 2014 VentureNow . All rights reserved.No reproduction or republication without written permission.